ロードサービス特約を使うと保険料金に影響は?

自動車保険に加入している人は知っている場合が多いですが、昨今ではロードサービスを利用できる特約をつける保険会社が増えました。大手保険会社のほとんどで契約できるようになっているため、保険の契約を考えている人にとって、サービス内容を比較して申し込むことが重要です。
特に注意してほしいポイントとして、ロードサービスを使用すると保険料金がアップするのではないかと勘違いすることです。保険会社のサービスの範囲内でも、基本的に何度でも使えて、保険内容に特に影響を及ぼさないのがロードサービスです。経済的な負担のないサービスを提供しているとはいえども、保険を使うことに変わりはないと勘違いされている人も多いですが、保険はあくまでも事故のときに対応しているものであり、ロードサービスはあくまでも特約であるため、保険料金には影響を及ぼしません。

保証内容は会社によって異なる

会社によってロードサービスの内容が大きく異なるため、使用する可能性が高い場合は、料金を抑えるだけではなく、サービス内容を確認してから契約してください。特にポイントとしては、レッカーで運んでくれる範囲や料金です。事故のときにレッカー移動しなければならないことは多いですが、レッカー車がどこまで運べるのかが重要といえます。会社によって運べる距離は異なり、そもそも無料でのレッカー移動をしていないこと、短い範囲であれば15km、長い距離のところは100kmとなっていますので、レッカー移動を考えている時は参考にしてください。

自動車保険の人気ランキングを活用する方法も可能です。その中から事故対応に優れた保険を選択する事ができます。