2社間ファクタリングを活用

商品を販売すると販売先から代金を受け取ります。企業間同士では掛取引が一般的で、商品の引き渡しと同時に支払うケースは少ないです。販売側は将来受け取る代金を売掛金として管理をし、入金があれば管理対象から外します。この将来お金を受け取る権利を買い取ってもらえるのがファクタリングです。ファクタリングの中でも2社間ファクタリングがあり、債権者とファクタリング業者の間でのみ契約を行う方法です。契約をするとファクタリング会社から売掛債権から一定の手数料を差し引いた金額を受け取る仕組みで、そして将来売掛金の入金があったときにファクタリング会社に全額を支払って完了です。販売先にファクタリングを利用しているのを気づかれないメリットがあるでしょう。

回収リスクがなくなる3社間ファクタリング

商品を販売すれば必ず代金が受け取れそうに感じますが、販売先の状況によっては受け取れないときもあります。もし代金が受け取れなければその部分は損失になるため、何としてでも回収しようと働きかけるときもあるでしょう。それだけ回収作業は販売会社にとっては重荷の業務と言えるかも知れません。ファクタリングは売掛債権を買い取ってもらい、それを現金化できる仕組みです。その中でも三者間ファクタリングは、販売先にも通知をして債権譲渡の承諾を取ります。契約が成立すると売掛金の支払いは販売先からファクタリング会社に直接行ってもらい、契約をした会社はファクタリング会社からお金を受け取るだけなので、回収業務や回収リスク減少に役立つでしょう。

ファクタリングとは、売掛債権を買い取る業務のことです。のちに、買い取った債権の管理や回収が行われます。