ネットショップの成功は支払方法にかかっている

店舗を持たないネットショップは、初期投資が少なくてだれでも気軽に始めることができるお店として人気です。インターネットが普及したことにより、お店から近い人をターゲットにした販売ではなく、全国各地の人をターゲットに出来ることもネットショップの強みでしょう。しかし対面販売とは異なり、現金と品物を直接交換する販売方法がとれないことから、ネットショップの成功のカギは決済方法とも言われています。

ネットショップでの買い物は、だれでも時間を気にすることなくショッピングができるということです。そして購入した商品の代金をどのように支払うかは、売り上げに大きな影響を与えると言っても過言ではありません。ところが小さなネットショップがクレジットカード会社と契約をしようと思うと、申し込み手続きのハードルはかなり高いものとなります。クレジットカードなどの情報は非常に重要なものなので、安易に契約をすることは出来ないのです。しかし小さなネットショップにとってクレジットカードなどの決済ができるかどうかは、売り上げに大きな差を生み出します。そこで決済代行会社の利用が便利です。

早ければ1週間でカード決済可能

利用方法は簡単で、決済代行会社の申込書類に必要事項を記入し、登記簿・身分証明書・売り上げの額などの書類をそろえて一緒に申し込みをすれば、あとの手続きはすべて決済代行会社が行ってくれます。早いところであれば1週間ほどでカード決済が行えるようになるところもあり、セキュリティ対策もすべてお任せです。代行会社に手数料を支払う必要はありますが、それを上回る売り上げを達成できる見込みはあるのです。

決済代行とは、クレジットカードやコンビニ、携帯キャリアなど決済を、一括のシステムで決済できるサービスのことをいいます。個別決済による事務処理の煩雑さを回避できるというメリットがあります。